書評:カピバラ:世界最大のネズミ

カピバラ:世界最大のネズミ(スーパーサイズ)

ナタリー・ルニス著

書籍種類:児童書、ノンフィクション (4-8歳用)

発行年:2009年

発行者:ベアポート・パブリッシング

概要

目次

  • 特大のネズミ
  • 湿原のおうち
  • 大きな歯
  • にぎやかな群れ
  • 子育て
  • 大きな天敵
  • 皆、水に飛び込んで!
  • 忍び寄る水の生き物
  • ネズミ牧場

本のフォーマットは、左のページに大体80語くらいの文字と1-3枚くらいの小さな写真が載り、右のページに同様のトピックの大きな写真が載っています。

Interior page of Capybaras: The World's Largest Rodent

「カピバラ:世界最大のネズミ」の内容

飼い主の書評

これは、小さい子供向けの本ですね。内容はとてもよく説明してあるけれども、難しすぎはしないようです。内容は正確で、レイアウトもよく、写真もきれいにしあがっています。写真だけでも買う価値があると思います。ただし、うんと小さい子供にはちょっと説明が難しく、大きい子供にはやや説明が物足りないかもしれません。

Caplinの書評

とても写真がすばらしく、大好きな本です。カピバラが水に飛び込む完璧なアクションソットがあったり、獰猛で恐ろしいジャガーなんかもあるよ。お母さんと一緒の赤ちゃんカピバラも本当にかわいいし。カピバラについての説明が、カピバラの毛皮の縁取りになっているのもいいね。文章はそれほど多くないけど、よく説明してあると思うよ。

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>