Categories

カピバラコンテスト その2

カピバラの眼

カピバラの世界観

カピバラは、世界を違った見方でみているよ

おそろしいワニみたいに、湿地の上をみわたしているよ

じめじめした所を、縁取りした眼と長いまつげで、

すんだ気持ちで死をみつめているよ

人間は、2-3フィートの高さから、ジープの中から沼地をみおろして、

危険なんて感じもしない、その美しさの本質から離れたところで、

他の動物の死をながめているだけ

水に浮かんだハスの下では、嗅いだり嗅がれたり、

ぐるぐる廻る流れが、弱いものと強いものをかきまぜて、

そのうち自然がより分けてくれるのを待っている

叫び!母親から引き裂かれた赤ん坊の悲鳴

喪失の悲しみ。ジープの中では驚きのため息。

だけど、それはただのカピバラ

カピバラは、世界を違った見方でみているよ

という具合に、メラニーは、カピバラのつまらない詩を書いたんだ。それで、誰だって、こんなつまらない詩くらい書けるだろうと思ったんだ。それで、またコンテストをしようってわけ。今度は詩のコンテストだよ。ルールは次の通り。

  • 詩には「カピバラ」という言葉が入っている
  • 詩は、100行以内
  • コンテストの締め切りは、今年の9月10日
  • 汚い言葉はなし。子供用であること

以上。詩は、caplinrous@gmail.com に送ってくれれば、ここに掲載します。読者の方は、前のコンテストの時みたいに右側のサイドバーを使って投票してください。詩は、英語でなくてもいいよ。詩を解説する写真があるといいかもね。

賞品もあるけど、まだ考え中。

Continue reading “カピバラコンテスト その2” »