Categories

コンテスト!Caplin Rousと一緒

僕の FaceBook友達である、エリー・フォックスは、僕と彼女とそのボーイフレンド、ディム・ディム・ディム(変な名前だけど、人間は説明のつかないことをすることがあるよね)でこんな素敵な写真を撮ったよ。

Elly Fox, Dim Dim Dim and Me

エントリー#0 カピ・パラダイス

僕はこの写真がとても気に入ってる。それで、他の友達みんなとも一緒に写真に入りたいとおもったわけ。すごくない?もちろん、実際に一緒に写真にはいるのは無理だろうけど、フォトショップを使えばできるとおもうんだ。それで、第一回のGiantHamster.comコンテストを開きます。ルールはこちら。

==========================================================

入賞者は!

  1. Entry #40: Caplin & Dalai Lama, Angelica Clemmer
  2. Entry #9: Holding Up the Monument, Issac
  3. Entry #11: Kissing with a Walrus, Maude Perreault

入賞者は住所をメールで送ってください。賞品をお送りします。

本当はどの作品もかわいくて、独創的で楽しく、どれもが入賞作といえると思う。みんなと一緒に色々な所で写真に写った僕を見るのはとても楽しかったよ。みんな、ありがとう!

1等から3等は同じ賞品、CafePress shopのマグを送ります。

こんな感じです。

賞品のマグ

Caplin Rousと一緒」コンテストのルール

  • 写真の中に(他のカピバラがいたとしても)僕を必ずいれてね。
  • 僕の写真はブログからとってもいいし、FaceBookからとってもいいし、実際の写真でもいいよ。
  • 写真にはあなた自身か、家族のメンバーをいれてね。
  • 写真は何枚送ってもいいよ。
  • メールで応募するときはcaplinrous@gmail.com まで
  • 写真の大きさは 900 x 600 から 600 x 400 ピクセルまで
  • 応募作品はこのブログに載ります
  • 応募は3月27日(土曜日)午後11時59分まで
  • 読者による投票は3月28日から始まって、1週間とします。
  • 上位3人は賞品がもらえます

こんなところかな。質問があったら送ってね。どんな作品が来るかたのしみだなあ。

==========================================================

応募作品は英語版をみてね。

Book Review: Capybara: The World’s Largest Rodent

Capybara: The World’s Largest Rodent (Super Sized!)
by Natalie Lunis

Book Type: Juvenile, non-fiction (ages 4 -8)
Date of publication: 2009
Publisher: Bearport Publishing

Synopsis:

Topics covered include:

  • A Really Big Rodent
  • Wet, Grassy Homes
  • Big Teeth
  • Noisy Groups
  • Bringing Up Babies
  • Extra-Large Enemies
  • Everybody into the Water!
  • Sneaky Swimmers
  • Rodent Ranches

The book’s format is that each left-hand page contains up to about 80 words of text and one to three small photos with the opposing page having a single large photo on the same topic.

Interior page of Capybaras: The World's Largest Rodent

Interior page of Capybaras: The World's Largest Rodent

Owner’s Review:

This book is more for the lower end of the age range rather than the higher. The text is informative, as far as it goes, which is not very far. All of the data is correct, the layout is nice and the photos are wonderful. In fact, I’d buy it for the photos alone. But I don’t think the text is entertaining enough for very young and it is not informative enough for the older children.

Caplin’s Review:FiveGreenPaws_tiny

I liked this book. As my owner said, the photos are really great! There is one of a capybara jumping into the water that is just the perfect action shot. The photo of the jaguar looked just as fierce and terrifying as those awful cats really are. And photos of the baby capys with their moms were so sweet. I also liked the way the little facts were framed in capybara fur. There wasn’t much text but what it said was a pretty good description of us capybaras.

書評:カピバラ:世界最大のネズミ

カピバラ:世界最大のネズミ(スーパーサイズ)

ナタリー・ルニス著

書籍種類:児童書、ノンフィクション (4-8歳用)

発行年:2009年

発行者:ベアポート・パブリッシング

概要

目次

  • 特大のネズミ
  • 湿原のおうち
  • 大きな歯
  • にぎやかな群れ
  • 子育て
  • 大きな天敵
  • 皆、水に飛び込んで!
  • 忍び寄る水の生き物
  • ネズミ牧場

本のフォーマットは、左のページに大体80語くらいの文字と1-3枚くらいの小さな写真が載り、右のページに同様のトピックの大きな写真が載っています。

Interior page of Capybaras: The World's Largest Rodent

「カピバラ:世界最大のネズミ」の内容

飼い主の書評

これは、小さい子供向けの本ですね。内容はとてもよく説明してあるけれども、難しすぎはしないようです。内容は正確で、レイアウトもよく、写真もきれいにしあがっています。写真だけでも買う価値があると思います。ただし、うんと小さい子供にはちょっと説明が難しく、大きい子供にはやや説明が物足りないかもしれません。

Caplinの書評

とても写真がすばらしく、大好きな本です。カピバラが水に飛び込む完璧なアクションソットがあったり、獰猛で恐ろしいジャガーなんかもあるよ。お母さんと一緒の赤ちゃんカピバラも本当にかわいいし。カピバラについての説明が、カピバラの毛皮の縁取りになっているのもいいね。文章はそれほど多くないけど、よく説明してあると思うよ。

What I Am Not: Peccary / Javelina

The wide variety of animals that I can be confused with is a constant source of amazement to me. How could you humans mistake a cute animal like a capybara with some of these–let’s call them visually challenged–animals? I don’t get it. Nevertheless, it does happen and I am here to set the record straight. I am NOT a peccary or javelina or skunk hog or whatever other name you want to call these animals.

Collared peccary in Venezuela

Collared peccary in Venezuela

I’m not saying peccaries aren’t cute. They have a certain charm about them. But look at that nose! Now look at the photo of my nose.

Adorable capybara profile including nose

My profile including my adorable nose

Do they look anything alike? No.

Here are some other ways we are different:

  • Peccaries have hooves (they are in the group with even-toed hoofed animals), capybaras have webbed feet.
  • Peccaries are omnivores, capybaras are herbivores
  • Peccaries have tusks, capybaras have self-sharpening incisors
  • Peccaries live from the American Southwest, through Central America and South America, capybaras are restricted to southern Panama and eastern South America.
  • Peccaries top out at around 90 lbs, that would be a puny capybara
  • Groups of peccaries sometimes attack and kill humans, capybaras are sweet, docile animals
  • Peccaries have an unpleasant odor from a scent gland on their back, capybaras have a nose scent gland whose odor is not noticeable by humans
  • Peccaries can run up to 20 mph, no one bothers to clock capybaras because we are so slow
  • Peccaries live up to 24 years, capybaras, sadly, live only 12-14 years

Here are some ways we are similar:

  • Our overall body shape is long and narrow
  • We overlap through much of our South American ranges
  • We both have very coarse hair
  • We are about the same length and height even though capys weigh more
  • We both have small ears (although capy ears are much cuter)
  • Jaguars, crocodiles and caiman will eat capybars or peccaries

I hope that clears up any confusion you have had on this topic. Do not feel too badly, lots of people make this mistake. But look again at the nose on that peccary and my nose. Seriously, don’t confuse us again.

よく間違われる動物:ペッカリー/ハベリーナ

驚くことに、僕は色々な動物と混同されているようです。カピバラみたいなかわいい動物と、他の、いわせてもらうと、見た目にはちょっと・・・というような動物とを間違うとは、君たち人間はどうなってるの?わかんないねー。ともかく、そういうことがあるのは事実なので、ここではっきりさせようと思います。僕は、ペッカリーでもハベリーナでもでもスカンク豚でも、そのほかどういう呼び方をされていようと、絶対にない!

Collared peccary in Venezuela

クビワペッカリー(ベネズエラ)

僕はペッカリーがかわいくないといってるわけではないよ。彼らはそれなりに魅力的でもあるよね。だけど、鼻だよ、鼻。まず僕の鼻を見て。

Adorable capybara profile including nose

愛らしい鼻がみえる横顔

似てると思う?ぜんぜんだよね。

他にも、次のような点が違うんだ。

  • ペッカリーには蹄がある(偶蹄類の仲間である)が、カピバラは足に水かきがある
  • ペッカリーは雑食性だが、カピバラは草食性である
  • ペッカリーには牙があるが、カピバラには鋭い前歯がある
  • ペッカリーはアメリカの南西部から中南米に生息するが、カピバラの生息地は南パナマと南アメリカ
  • ペッカリーはせいぜい40キロ程度だが、カピバラで40キロは小さいほうである
  • ペッカリーは群れで人間を襲い、死に至らしめることもあるが、カピバラはおとなしく温厚な動物である
  • ペッカリーは背部に臭線があり不快な臭気を発するが、カピバラの鼻にある臭腺からでる臭気は、人間にはわからないものである
  • ペッカリーは時速35キロくらいで走ることができるが、カピバラは遅いので計測したデータはない
  • ペッカリーは24年くらい寿命があるが、悲しいかな、カピバラの寿命は12から14年くらいである

次の点は似通っているかも

  • 体形が長細い
  • どちらも南アメリカに住んでいる点でオーバーラップしている
  • 体毛はごわごわしている
  • カピバラのほうが体重は重いものの、体長や体高は同じくらい
  • 耳は小さいほう(カピバラの耳のほうがかわいいけど)
  • ジャガーや、クロコダイル、カイマンなどに捕食されることがある

これで、誤解や混乱がかいしょうできたかな。こういう間違いをしている人たちが多いことは事実なので、気を落とさないでね。でも、最後にもう一度、僕とペッカリーの鼻をみてよ。こんどはもう間違えないでよね。